読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

殺人などのネガティブなニュースが流れたら、即座にチャンネルを変えるかテレビを消すべし

日本人のメンタリティ

殺人などのネガティブな

ニュースが流れたら

即座にチャンネルを変えるか

テレビを消すべし。

という話。

 

最近は以前よりも

希望を与えてくれるような

良いニュース、

何々が改善された

といったニュースが

数多く流れるように

なってきた気がする。

 

しかしまだまだ

油断していると

誰々が誰々の首を切ったとか

血を流して倒れているとか

生々しい描写の

ニュースに出くわしてしまう。

 

そんなニュースに出会って、

それをきっかけにして

世の中を憂いて

こんな世の中ではなくて

もっと平和な世の中に

ならないものか、

平和な世の中に

していこうといった

目標を掲げて

実際に動いている

勇敢な人達がいる。

それはとても偉い事で、

とても良い事だ。

 

しかしだんだん平和に

なっていっている今も、

おぞましいような殺人に

手を染める人も

相変わらず存在する。

 

私は思う。

いつの時代にも

そういうネガティブな

人っているものだと。

 

つまり私達が生きている間

そういうニュースは

消える事がないと。

 

ところでなぜ

テレビなどで流れるニュースは

良いニュースよりも

ネガティブなニュースが

多いのだろうか。

考えた事があるだろうか。

 

ある所から聞いたのだが

これは多分デマなどでは

ないだろう、

結論を言うと

「敢えて」流している

らしい。

 

殺人などの怖いニュースが

流れた!

首から血を流している!?

怖い!!

ウチの近くで通り魔!?

怖い!!

暴力団の抗争が

住宅街でも行われた!?

子供もいるのに!!

怖い!!

 

この、怖い!!

という恐怖の感情を抱く。

そして他人に対して

不信感だって抱くように

なっていくだろう。

まさにそれらが

思う壺なのだそうだ。

 

恐怖という感情。

不信という感情。

この感情を

なるべく多くの人から

引き出す事こそが、

狙いなんだそうだ。

それがまさに

好都合なんだそうだ。

 

誰にとって?

 

良い質問だ。

 

こういった内容の記事は

今ネットを探せば

わんさと出てくるから

ここでははっきりとは

控えよう。

 

しかし一つ言えるのは

私達が恐怖の感情など

ネガティブな感情を

こういったニュースを

見る事によって

無駄に出すのは

とてもエネルギーの

無駄遣いなのだという

事は一つ言っておいた方が

良さそうだ。

 

では逆の状況では

何が起こるだろうか。

 

良いニュースばかり流れる世の中。

殺人事件はあっても

決して流れない。

国と国が戦争を起こす代わりに

仲良くなりました。

条約を締結して

友好関係を結びました。

日本人と中国人が

とても仲良く

ある事業を共同で

行っています。

日本人と北朝鮮

民間の友好関係が

存在します。

アジアはどの国も

みんな仲良しです。

猫を虐待する代わりに

近所の地域猫をとても良く

面倒を見ている人が居ます。

仲が悪いと一時期言われていた

嫁と姑。

しかし今は

仲の良い嫁と姑が

日本人の中では

とても多い比率と

なっています。

 

悪いニュースがまったく流れず

こんな良いニュースばかりならば

日本人の誰もが

世の中に対して希望を持てて

朝も気持ち良く起きられて

気持ちの良い一日を

過ごせるかもしれない。

同僚や上司ともうまくいき

家庭内でも良好な

関係を築けるかもしれない。

あれほど重苦しいと感じていた

生活そのものが

なんだか軽やかになって

なんかうきうきして

毎日楽しい気分で

過ごせるようになったなあ。

それに最近、

なんだかとても

「冴える」ように

なったんだなあ。

 

「なんだか軽やか」

「なんかうきうき」

そして

「冴えている」

こういう良好な状態を

「波動が軽い」と

言う状態なのだそう。

 

その「波動が軽い」状態。

日本中の、そして

地球上の

世界中の人が

そういう波動の軽い状態に

なったとしたら。

 

今、実は

地球全体、

そのような状態に

近づきつつあるそうなのだ。

地球上の皆が

「波動の軽い」状態に。

実は地球上では

とても喜ばしい事が

起こっているそうなのだ。

 

「地球のアセンション」という

言葉も関連してくる。

 

しかしそのようになっては

困る方々が

いらっしゃるようなのだ。

その方々は

地球上の人々に

どのようであって欲しいか。

 

逆に「波動の重い」、

ネガティブな状態で

あって欲しいらしいのだ。

ネガティブとはどういう

状態かというと

恐怖の感情、

人間不信の感情、

怒りの感情、

貪欲の感情、

人間関係の分離状態、

敵意、といった

何やら穏やかでない

そういう状態で

いてもらいたいそうなのだ。

 

その穏やかでない、

重ったるい、

ネガティブな感情、

ネガティブなエネルギーを

その方々は

欲しがっているそうなのだ。

それを糧にして

生きていらっしゃる方々が

いらっしゃるんだと。

 

また、

これは以前の記事にも

少し書いた事だが、

波動の軽い状態、

というのは

一種の瞑想状態であり、

こういった良好な状態では

人間はどのようになるか

というと、

「本来の能力」を

取り戻すらしいのだ。

「本来の能力」とは

すなわち「超能力」。

これは人間には

もともと備わっていた能力。

 

元来人間は

皆超能力を持っていたので

言葉なんか持たずとも

人と人ではテレパシーで

意思疎通が出来るし、

今はほとんどの人が

感知する事の出来ない

霊体、意識体の状態である

地球外生命体の人々との

交流も盛んであったと

何人もの人が言っている。

特に縄文時代というのは

そういう時代であった

らしいのだ。

縄文時代というのは

とても波動の軽い時代で

あったという事なのだ。

 

今、地球は

その縄文時代のように

なろうとしている、

という事なのだそうである。

もう少し今の地球上の

人々の意識、

波動が軽くなれば

人々は本来の能力を

取り戻していくのだそうだ。

 

そうなったらどうなるだろうか。

人々はテレパシーを読めるので

他人が何を考えているか

言葉を交わさずとも

瞬時に分かってしまう。

見えない存在、

宇宙にいる意識体

つまり地球外生命体と

簡単に意思疎通が出来る。

地球外生命体の方が

はるかにテクノロジーが

進んでいるから

きっと再生可能エネルギー

テクノロジーだって

すぐに教えてもらえるだろう。

その生命体と仲良くなれば。

あっという間に

原子力なんて

いらなくなるはずだし

石油だって石炭だって

不要になるはずだ。

お金。

お金だって、

もしかしたら

今の金融システムだって

必要なくなって

代わりに誰も苦しまない

経済システムを

教えてもらって

地球でも成り立つように

なるかもしれない。

成り立つように

なっていくだろう。

 

 

今までどれだけ

地球の人間は

騙されてきただろう。

原子力こそが未来の

エネルギー。

これこそが地球を救う、

なんてね。

石油無しには

地球人は生きていけない。

もっというと

お金なしでは

人間は生活できない。

働かざるもの食うべからず。

そうやって代々

教わってきたさ。

 

これらこそが

彼らによる

ひどいひどい

刷り込みなんだ。

そうだと言えると思う。

 

その刷り込みを

行ってきた方々。

その方々達の力は

未だ多大な影響力を

この地球では及ぼしている。

今日もそうやって

私達を重い状態に

閉じ込めておくために

殺人や虐待、いじめなどの

ネガティブなニュースを

彼らは流し続ける。

私達を閉じ込めておくために。

 

多分、

私達はそのような

システムを知るだけで充分だ。

ただ、知るだけだ。

そうしたら、

そっと離れるのみ。

 

まずはネガティブな

ニュースから。

 

そっと離れるのみ。

 

悪いニュース流れたら

さっさとチャンネル変えて、

またはさっさとテレビ消して

好きな事をしよう。

好きな事を思い浮かべよう。

 

つねに何をしたら

楽しく居られるか、

機嫌が良く居られるか

考えて過ごそう。

 

みんながみんな

楽しい事ばかりを

考えられるようになれたら

多分、日本は変わるさ。

そして地球も変わるさ。

 

とにかく楽しい事。