読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

2020年東京五輪開会式ではエンブレムと同じ紺色市松模様の浴衣で、日本代表選手団は登場して欲しい

日本のデザイン 日本のファッション

2020年東京五輪開会式では

エンブレムと同じ

紺色市松模様の浴衣で

日本代表選手団は

登場して欲しい、

の話。

 

-------------

熊本地震

お亡くなりになられた方に

心より御冥福をお祈り致します。

 

沢山の方々が被災されて

毎日流れてくるニュースに

なんだかもう、

ただただ呆然として

言葉が見つからないまま

2週間過ぎました。

 

でも、ニュースでは

今日、九州新幹線

再開しました、といった

明るいニュースが

東日本大震災の時より

増えたなあという気がして

それだけは少し

嬉しい気がします。

 

大自然相手だから

こういう事って、

やっぱり、

あるんですね.........。

 

だから尚更、

活断層の上に建っている

原子力発電所なんて、

皆即刻廃炉にして

いただきたいと

願うばかりです。

 

----------------------

 

五輪エンブレム

決定して良かった!

 

なんといっても

色数を潔く1色にしたのが

すごく良いと思う。

五輪エンブレムはだいたい

赤、黄、緑、青の原色が入った

わりと華やかなものが

多いけれど、

それを敢えて

1色だけで決めたのはすごい。

 

引き算の美学!

日本人特有の美学を感じる。

 

「素」を好み、

あまり盛りすぎる事を嫌う

日本の美。

 

そしたら、

五輪開会式の時に

日本代表選手団が

入場の際に着用する服は

エンブレムと同じ色と柄の

浴衣や夏用(薄物)の着物を

どうかどうか、

選択して欲しい。

 

男女共浴衣は同じ色同じ柄で

帯の色を、

男子は青色、

女子は赤色、

どうかな。

 

以前のオリンピックの

開会式を見ていたら

入場の時には

その国の民族衣装を

着ている国の人が

結構いたのだから

日本もそれにならって

ジャケットなんか着ずに

潔く浴衣着物で

入場して欲しい。

切に願う。 

 

そしてその浴衣を

一般にも発売すれば

日本人にも受けるかも

しれないし、

外国人観光客にも

お土産として

買われるのでは

ないかなと思った。