読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

配偶者控除見直しは専業主婦いじめのように聞こえるが、夫婦控除で働く妻専業主婦どちらにも良いようにしてくれれば文句無し。

日本人のメンタリティ

ほう、

政府はいよいよ

専業主婦をますます

いじめようとしている

みたいじゃないの。

 

配偶者控除見直しに

いよいよ本腰を入れる

との事。

 

少子高齢化

日本に働き手が

いなくなるから

今専業主婦で働いてない人も

どんどこ社会に出て

「働き手」に

なって欲しいんだと。

 

だからこうやって

働いてない主婦に

金銭的に追い詰めて

圧力を掛けるんだとさ。

 

やってる事が

893とあまり変わらんな。

「オラオラ!

 サボッて家に居ねえで

 さっさと働けゴルァ!!

 働かないと

 テメーの世帯から更に

 金搾り取るぞオラァ!」

と言っているのと一緒。

要は「脅し」。

しかも言っているのは政府。

すごいね〜〜。

 

主婦を社会に出したいなら

もっと良心的な手法を

取りなさいよ。

 

こうやってねえ、政府が

国のトップがだよ、

「いじめ」みたいな行為を

平然とやろうとするから

日本社会もいじめ社会に

なるし、

学校でもいじめがなくならない

のではないのかな。

どうなの?

 

それに今

専業主婦の人が

皆が皆、健康体

という訳ではない。

 

本当は働きたい、

社会に出たいって人も

健康上の問題があって

それが実現できない人も居る。

なに、

そういう世帯に対しても

政府は金銭的に

追い詰める訳だね?

 

しかもそのダンナが

例えば正社員になれず

派遣社員とか契約とか

またはアルバイトなど

非正規労働者だった場合、

そして子供が2人とか3人とか

いた場合、

もっともっっっと

生活は苦しいよね。

毎日の食費だって

光熱水道費、家賃、ローン、

抱えているよね。

そんな中配偶者控除

見直されて家計収入

ますます減る、と。

 

こういう世帯は

日本全国にかなりあると思う。

そういう世帯を

見殺しにしたいらしいね。

光熱水道、家賃、食費

足りなくなったら

現代では生活するな

と宣告されたも同じ。

つまり浮浪者になれと。

 

これは解釈によっては

憲法違反かもしれないね!

「生命、自由及び

 幸福追求に対する

 国民の権利については

 最大の尊重を必要とする」

この憲法第13条、

どこ行ったのかなー?

こんなカツカツの生活で

「幸福追求」ですか?

ありえないよね。

そんな余裕ナシ!!

「生命の尊重」さえも

侵している可能性もある。

 

配偶者控除の見直しの前に

「待機児童」問題、

そして

非正規雇用」濫用の

見直しをしなさいよ。

容易に人を使い捨て出来る

非正規雇用」なんかやめて

「原則正社員」制度に

しなさいよ!

そっちが先でしょうが。

 

特に待機児童の問題で

社会に出たくても出られない

既婚子持ち女性が

まだわんさかいるんじゃん。

働きたいのに働けない

専業主婦に対しても

容赦なく国は

配偶者控除を見直す訳ね。

そっちの問題を

完遂してから、

つまり日本全国

待機児童ゼロ!!!と

なってから着手しなさいよ。

順番が逆じゃないのよ。

 

こんな事を

言い出しっぺした人にはぜひ

自分自身がまず

非正規社員やアルバイトに

なってだねえ、

出来れば上司やなんかに

散々にコキ使われてだねえ、

できれば自殺念慮

頭をよぎるほどの鬱状態

精神科通院も考える程の

精神的疲労も味わってだね、

そして妻が病気で働けない

子供が3人居る、

というような世帯暮らしを

最低10年は体験してから

ものを言って欲しいねえ。

そんな経験もした事がない

ような人が

そんなやすやすと

口にするんじゃないよ。

 

このような事をやすやすと

口にできるような人は

一度、家族を刺殺されたり

自分自身もオヤジ狩りにでも

とっとと遭って下さい。

東松山の赤ギャンだか

青ギャンだかにさ。

弱者、貧民の気持ちが

分かるようになるまでね。

 

ほんと、

こういう世界の人は

庶民の感覚というものが

全く分からないんだろう。

 

本当に

政府に関わる人のモラルが

問われるねえ!

 

というか、これもどうせ

カネなんでしょう?

つまり「働き手」というのは

「表向き」の理由。

本当は国に

所得税」を収めて

欲しい訳だよね。

 

そしてその集めたカネは

ゆうちょやJAの貯金と共に

やっぱり宗主国サマに

御献上ですかね。

 

あのさ、TICAD

アフリカ助けるのも

いいんだけどさ、

まずは、日本人の子供の

6人に1人は貧困という

この状況を

どうにかしてから

やってよね。

この状況、貧富の差を

さらに広げた雇用制度を

まずなんとかして

そして待機児童問題を

なんとかして

女性社会進出の基盤を

作ってからに

して欲しいね。

TICAD

配偶者控除見直しもさ。

 

そもそもねえ、

この先進国と言われる日本で

なぜ「家に住めない」人が

存在するのか

またそういう社会に

なっているのに

政府は助けないのか

不思っ議でならない。

この状態がまず「違憲」でしょ。

憲法13条、どこ行った?

配偶者云々より

そっちの方が先だよね。

 

まあ、米みたく、

医療受けるにも

民間の保険に入ってないと

ウン十万円、ウン百万円

掛かる、なんてことなく

国民皆保険制度」が

あるだけ、まだ日本は

救われているんだけどさ。

皆保険を国の制度にした人、

ほんと偉い!偉すぎる!!

 

国民いじめるような悪法でなく

このような善法ばかりを

立法してくれる人が

早くトップに立て〜!!

 

追記:

たしかに「労働の義務」

という条文が存在する。

だからそうなると

「主婦業、家政業が

 仕事ではない」と

定義するならば

今まで専業主婦だった人も

働きに出なければ

ならない事になる。

 

しかし私は異を唱える。

「家政業は職業」!!

その家政業を専門として

行ってきた「主婦」が

いたからこそ、

24時間タタカエマスカ

のような、労基法違反当然的

モーレツサラリーマンが

日本で存在できたと

言っても過言ではない。

そのサラリーマンはじめ

様々な業種職種の人が

半ばちょっと家庭を

おろそかにしながらも

戦後復興、高度成長を

支える力になったのは

誰が見ても明らか。

これは今でも

そんなに変わってない。

いくらか改善されたとは言え

有休がまともに消化できない

状態が続いていて

全部消化する人に対しては

白い目で見られる現状だ。

 

かといって

首相の言うように

「モーレツサラリーマン

 という言葉を無くす」

といっても

今度は日本はそれだけ

総労働時間が減る訳で

それは国力が減る事に

つながる場合がある。

仏のように長期のバカンス

があるような国は

そのバカンス中、

移民の労働者に代わりに

働かせているという

裏事情がある。

「働き方改革」も

慎重にする必要がある。

もしかしたらその

「働き方改革」を

唱える方々の中には

日本の国力を弱めようとする

「間者」かもしれない、

要注意だ。

 

話を女性に戻す。

勿論私は

社会進出したい女性を

否定するつもりは

まったくない。

どんどん女性だって

したい仕事をして

どんどん社会に

出ればいいと思う。

 

何が言いたいか

っていうと、

「専業主婦を

 ないがしろにするな」

という事、そして

「主婦でいるのか、

 社会に出て働くか、

 女性は自由に

 選択可能であるべき」

さらにもっと言うと、

「どちらを選択しても

 女性はその事により

 差別や軽蔑を受けない

 社会常識のあり方で

 あるべきだ」

という事。

 

持論だが、

わりとゆったりした

生活を送る専業主婦は

(専業主婦だって

 子供が多ければ

 それだけで

 ブラック企業ばりの

 労働時間強いられるから

 実質ゆったりじゃないが)

家の気を和ませる

貴重な存在だと思うよ。

 

みんながみんな

ハードワーク強いられて

いたとしたら

家の中だって

殺伐としてくるでしょう。

やっぱりね、

「家庭」というのは

そして「家庭の平和」

というのは本当に

家の中の誰にとっても

大切なものなんだよ。

 

なんでそれを

分からないかなあ〜。

 

追記の追記:

自民党の発表で

「女性の社会進出を

 促す一方で、

 専業主婦世帯に

 負担が掛からないように

 配慮したい」

との事だった。

 

案としては

配偶者控除」ではなく

「夫婦控除」というものを

設けて

妻の収入が高くても

一定の控除が受けられる

というように変える

というものを

考えているらしい。

 

とにかく、

共働き世帯でも

専業主婦世帯でも

どちらかが損

というような

不公平な法律に

しなければ

文句はない。