読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

「きものショー」(「着物ショー」)という催し物の名前は、なんか逆にダサい。「きものおひろめ会」(「着物お披露目会」)の方が良いと思う

「きものショー」という

催し物の名前は

なんか逆にダサい。

「きものおひろめ会」の方が

良いと思うのだが。

 

なんでさあ、

日本のものの

お披露目なのに

「ショー」という横文字を

わざわざ付けるかなあ!?

 

この「きものショー」

という名前は

おそらく昭和時代に

できた呼び名なのだろうが

その頃はナウかった、

「横文字信仰」ひきずってて

もうなんか、ダサい。

とにかく、ひたすら、

ダサい。

 

その「きものショー」の会場、

ショーが行われる

舞台背面の上部には白地に

角ゴシック体か

丸ゴシック体の太い黒文字で

「ナントカきものショー」と

書かれた横断幕が

いかにも掲げてありそうで

もうなんか、

それだけで萎える。

かんべんして欲しい。

 

それだったらいっそ、

すべて日本語で

「●●屋 きもの  おひろめ会」

という名称にして、

その横断幕なり看板なりも

書体もせめて明朝体

または教科書体の方がいい。

もっと言うと

「昭和レトロ」な

雰囲気の書体が望ましい。

レトロな書体はこちら↓

レトロな雰囲気が伝わる日本語・英語のフリーフォントまとめ | NESTonline Blog

 

多分現行の

「きものショー」という名称

でやっていても

角ゴシック黒太文字の

看板、横断幕などという

ベタなものではなくて

もうちょっとおしゃれな

看板にはなってると思う。

上に貼り付けたレトロ体なら

「きものショー」という名称

でもサマにはなる

だろうとは思う。

 

だけどやっぱりね、

ここは日本。

そして着物という

日本の服装という内容

なのであるから

催し物の名称も

すべて日本語の方が良いよ。

 

「きもの  おひろめ会」と

昭和レトロな書体で書かれた

看板や横断幕の方が良いよ。

色についても

白地に黒の文字とかじゃなくて

せめてアイボリーかベージュ地に

またはヌードピンク地に

煉瓦色とかえんじ色とかかな。

その看板の地の端々に

ちょっと桜とか撫子とかの

小さめの花模様を散らすとか。

または看板の地全体

ごく淡い色の青海波や麻の葉や

矢絣などの文様とか。

 

これも

戦後レジームの一つ

といっていいのか

分からないけれども

こういう

「欧米横文字信仰」も

脱却が必要だよ。

 

各地にある

「なんとかセンター」とかもね。

あと宿泊施設なんだけど

「なんとかホテル」

という名称が様になるのは

東京や横浜、

大阪、名古屋、福岡などの

大都市圏だけだと思う。

それ以外の地域や観光地は

「地方都市」と

呼ばれる場所であっても

「○○の宿」とか

「○○旅館」とかで

いいと思うな。

 

なんとかカフェも

今は全国に広がったけど

これも大都市圏だけで

いいんじゃないのかな。

「○○喫茶」

「○○館」とかじゃ

だめなのかな。

 

同じく

「サロン」じゃなくて

「美容室」でいいと思うし

「ホール」じゃなくて

「会館」でいいと思うし

「JPOP」じゃなくて

「歌謡曲」「流行歌」で

いいと思うし

(これ生さだで

 さださんが言ってた)

「ショップ」「ブティック」

じゃなくて

「服店」「洋品店」で

いいと思うし

(これだって看板デザイン

 なんとかすれば

 充分格好つくよ)

「ポテンシャル」と言うなら

「潜在能力」と言えばいいし

「モチベーション」とか

言ってないで

「やる気」「意欲」「士気」と

言えばいいじゃん!

 

特にポテンシャルとか

モチベーションとか

言ってる人、本人は

カッコつけてるつもり

なんだろうけど

言われてるこっちは正直

何がカッコいいのか

わけわかんない。

 

特に

「エグゼクティブ」向けの

経済雑誌とか

「クルマ雑誌」とか

(しかもなんで

 車を「クルマ」と

 書きたがるの??)

「デキる男の〜〜」

みたいな雑誌に

横文字連発記事が

多いんだけど

あれなんなん?

 

いやべつに

戦時中のように

すべての横文字を

日本語に直さないと

刑に処す!とか

言ってない。

ただ、なにもそこまで

日本に住んでんのに

横文字連発

させなくても良くない?

 

日本語

大切にしよう。