読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

2020年東京五輪ボランティアの制服は、和服をベースに(法被など)エンブレムの要素を取り入れたらどうか

日本のデザイン

2020年東京五輪

ボランティアの制服は

和服をベースに

エンブレムの要素を

取り入れたらどうか。

 

非常にダサイと

話題になっている

2020東京五輪

ボランティア制服の

デザイン。

まるで韓国服なんて

揶揄もされている。

(個人的には

 韓国服は韓国服で

 独自の意匠だから

 これを貶めようとは

 思わない)

 

どんな経緯で

誰がデザインして

この制服の

デザインになったか

というのは

ここでは触れない。

 

それよりも

こうした方がいい

という話を

しようと思う。

 

まず、

せっかく決まって

定着しだした

紺色エンブレムの

色彩意匠を

取り入れたら

どうかと思う。

 

エンブレムというのは

この大会の核となる

シンボルで意匠。

2020東京五輪関係の

あらゆるものは

この色彩意匠をもとに

展開していっても

良いと思う。

逆にそうでなければ

バラバラで

全く統一感が

なくなってしまう。

 

よく

あまりイケてないと

思うチェーン店で

よく目にするのが

その店の

コーポレートマークや

コーポレートカラーに

全く則していないような

色や意匠の店の内装や

店員の制服。

 

色を多用し過ぎて

「変化を与えている」

つもりかもしれない。

こういう発想の人は

「色が揃い過ぎてると

 つまらない」

と考えるのだろう。

 

でも特に色の多用は

散漫な印象になりがち。

やっぱり

洗練されているな

なんか見ていて

心地が良いなと

感じられる店は

やはり色数が抑えられ

意匠も統一されている

店が多い。

 

今大会もそう。

やはり大会にまつわる

あらゆるものは

このおおもとの

エンブレムの色と意匠を

ベースに作っていった方が

良いと思う。

 

でもあれかな、

これって欧米的発想に

染まっているだけ

なのかな??

そんな単純でも無いな。

真田丸真田幸村

六文銭という意匠と

「赤揃え」だったから

昔の日本にも

こういう発想は

多分あったと思う。

 

この色彩意匠の統一

というのは

それに関わる人々の

意識の集中を目的に

なされるもの

なのかもしれない。

真田の赤揃えで

兵士の意識を統一し

士気を高め団結して

いこうと。

そうなると装備の

色彩意匠も自然と

そうなっていくのかな。

 

どこかで統計を

取っているのかな。

店のあらゆるものの

色彩意匠を統一すると

売り上げが上がる率が

実際高くなった、とか。

 

わからないけれども

とにかく2020東京五輪

制服はやはり

エンブレムの色彩意匠に

則したものにした方が

単純に観客にも

分かりやすい。

 

そして私は

やはりここは日本だから

服ならば

和服をベースに

作って欲しいと思う。

作務衣のようでもいいし

ちゃんと服を着た状態の

江戸時代の飛脚のような

格好でも良いけど、

やっぱり「法被」で

いいんじゃないかな。

 

昭和で法被といえば

ビートルズ来日の

日本航空の法被が

有名だけど

あんな感じで

2020五輪エンブレム風

市松文様の

白地に紺の法被に

すればいいのではないかな。

 

あの、よくある

化学繊維のペラペラの

蛍光色の法被とか

じゃなくてね。

あれ、なんか苦手。

あの蛍光色が

とても品がなくて

受け付けない。

目立つようにという

目的なんだろうけど。

 

ちゃんと

しっかりした素材の

綿の生地で

作って欲しい。

 

衿字は

ホントにベタに

デカイ明朝体とかで

東京五輪」とか。

もし分かりやすいように

英語も入れたかったら

右は「東京五輪」、

左は「Tokyo Olympic」と

分けても。

字体は、

明朝体じゃなかったら

「江戸勘亭流」とか。

とにかくベタなやつ。

外国人客には

その方が受けそうだから。

そうだな衿の地の色は

やっぱり紺色がいい。

だから文字は太い白。

 

背中にも文字。

背中上部「大紋」。

五輪マークを

大きく入れてもいい。

上に五輪マーク、

下にやはり江戸勘亭流で

東京五輪」。

 

よくイベントで

スタッフの服装として

揃いの法被着てれば

その下は

何を着てもいいという

場合があるけど

これはあまり良くない。

制限をかけた方がいい。

 

例えば白地に紺の

市松文様の法被を

羽織るとするなら

下半身は

紺色のジーンズ。

(薄いブルージーンズは

 やめた方がいい)

上半身は夏だから

これもやっぱり

揃いの紺の無地の

Tシャツを着れば

いいと思う。

 

法被の下を自由にして

例えば

真っ赤なTシャツを

着たりするのは

ダメだと思う。

こういうスタッフが

混じっているだけで

なんとなく

締まりがなく、

散漫な印象を

与えてしまう。

 

この法被だけでは

スタッフ、特に

案内をするスタッフ

としては目立たないから

ヘッドピース、

要は「かぶりもの」を

身につけるといいと思う。

 

ちょと法被とは

揃わないという

印象を持たれて

しまうかもしれないが、

真っ白の目立つ帽子

またはヘッドピースを

被ったらどうか。

 

帽子ならば背高帽。

帽子の上に

五輪マークの

オブジェを付ける。

または東京五輪

エンブレムのオブジェ。

もしこのオブジェを

大きめにするならば

背高帽でなくても

構わない。

 

帽子の色は真っ白が

望ましい。

このブログで何度となく

書いてきたのだが

真っ白というのは

景色の中で

とても目立つ色だからだ。

一番目立つといっても

過言ではない。

なんたって

「明度最高」だもの。

白は地味な色なんかじゃ

なくて、

景色の中では

とっても主張の強い色だよ。

 

帽子でない場合。

五輪マークの

やや大きめな

ヘッドピース

(かぶりもの)

または

東京五輪エンブレムを

かたどった

ヘッドピースを

身につける。

もうこれは

ディズニーランドに

いてもおかしくない位

派手なやつ。

これなんていうか

分からないんだけど

ベースのかぶりものの

上に大きめのバネがあり、

その上に五輪マークや

エンブレムのアイテムが

ついてて

かぶってる人が動くと

ビヨンビヨンするやつ

みたいなものとかでも

目立っていいのでは。

(検索したんだけど

 こういう類のもの

 なんていうか不明)

 

まとめます。

 

私の提案する

2020東京五輪

ボランティアの制服は

濃紺ジーンズに

濃紺Tシャツの上に

しっかりした綿生地の

エンブレム風

市松文様(白と紺)の

法被を羽織る。

衿は紺色地。

衿字は右は

江戸勘亭流白い太字で

東京五輪」、

左は同じ字体白い太字

「Tokyo Olympic」。

背中上部(大紋)には

五輪マークと

下に「東京五輪

(江戸勘亭流)。

 

頭には

真っ白い帽子の上に

五輪マークまたは

五輪エンブレムのオブジェ、

または、

五輪マークか

五輪エンブレムを型取った

ヘッドピース

(かぶりもの)を

かぶる。

 

提案でした。