読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

むしろ私は「田舎顔」になりたいよ。田舎顔にこそ、柔和な日本人の姿を見る事ができると思う。「田舎顔」「田舎者」を見下すテレビ(メディア)、いい加減にして欲しい。

日本人のメンタリティ

むしろ私は

「田舎顔」になりたいよ。

田舎顔にこそ、

柔和な日本人の姿を

見る事ができると思う。

「田舎顔」「田舎者」を

見下すテレビ(メディア)

いい加減にして欲しい。

 

どこの局か忘れたけど

確か民放だった。

バラエティ番組で

「田舎顔は存在するのか?」

というテーマの

コーナーがあった。

 

うろ覚えだが

顔のパーツが

やや中央寄りに

集中していて

シュッと見える都会顔、

対して

顔のパーツが離れ気味で

締まりのない田舎顔、

みたいな事を言っていた。

 

で、その田舎顔が

本当に今でも

日本に存在するのか?!

というような内容で

複数の芸能人がロケに行き

探し回るという内容だった。

ざっくりしたものだが

そんな記憶がある。

 

失礼な話だよ!!!!

しっっっつれい!!!!

人の顔の事をいじるなんて!!!

というか、

この局、一体何様なの?!!

 

この局だけじゃないよ。

特に民放。

隙あらば

田舎を見下しているよね。

もちろん田舎暮らしを

テーマにしたものや

地方の魅力を取り上げた

番組もあるけどさ。

だけど一方で

こうやって

田舎者を見下す番組も

確かに存在している。

 

この局が他にどんなに

他の番組で

田舎の魅力を放送しても

こんな田舎を見下す内容の

番組作ってたら

信用されなくなるよ?

 

というかこれは、

番組制作者、

番組企画の時点で

それに関わっている人間の

モラルが異常に低い

という事だよね。

バラエティ番組の

制作スタッフって

そんなに民度低いのかな?

 

ネットが台頭してきたとは言え、

まだまだ一応

日本国民の思想に

多大な影響を与えるメディア

の一つであるからには

それに関わる人材には

精神性の高さが求められるのが

普通だと思うんだがね。

スタッフ採用の際、

面接やってないの??

 

NHKを見習いなさいよ。

ひとつも地方を

馬鹿にしたりしない。

NHKで地方を馬鹿にする番組

見た事ないよ。

むしろ地方のお祭りなどを

盛んに取り上げたりして

本当に偉いと思うよ。

NHKはね、

やっぱり日本に必要だよ。

きちんと日本の文化、

日本の地方の文化も

伝えてる。

 

 

田舎顔、

田舎者に話を戻す。

 

昨日も書いたが、

もし都会に住むアナタが

製造メーカーにお勤めの場合、

アナタは本当は

田舎者に足を向けて

寝られない筈なんだけど

それ分かってるよね?

 

もちろん作ったものを

効果的に宣伝して

必死に営業して

店に置いてもらえなければ

売れないし利益にもならない。

海外進出のために多言語を操り、

様々な国の要人の方と

商談を交わして成立させる。

だから都会で営業をしている

スーツのホワイトカラーさんも

大事と言えば大事だよ。

 

だけどね、

実際に製品作ってるの

田舎の工場なんだよね。

しかもやっっすい給料でさ。

主婦のパートとか契約社員

派遣社員とかが毎日毎日

おんなじ作業に勤しんで

作ってるんだよ。

その中には

田舎顔と呼ばれるような

お顔の人だってたくさん。

 

工場のライン止まったら、

工場閉鎖したら

売り物がなくなって

会社は傾くよね。

そうなったら

人件費の高い

都心のホワイトカラーさんは

肩叩きにあいますけど

覚悟しているんでしょうね?

 

農作業に勤しむ方々。

農地が広がっている場所を

田舎というよね。

耕作放棄地が増えたとはいえ

日本の自給率向上のために

毎日の野良仕事を

頑張っているの。

それもキレ〜〜イに

野菜作んなきゃいけなくってさ

形が悪いと「規格外野菜」と

名付けられて農協に通せなくって

捨てなきゃいけなかったりさ。

なんでかというと

都市圏の消費者が

カタチの悪いのを嫌うからだよ。

 

たまに珍百景とかで

人間の足みたいに見える

大根や人参が出てくるけど

あれ、間違いなく

農協通らないから廃棄ね。

 

でも昨日、東京で

その「規格外野菜」だけを

仕入れて調理して

とても綺麗に盛り付ける

期間限定の飲食店の話が

放送されていたっけ。

これが期間限定なんかではなく

規格外野菜もたくさん使う店が

特に全国に増えると

いいんだけどね。

 

おっと話が逸れた。

 

とにかくまあ、

都心のアナタガタが

田舎者と呼ぶ方々は

都市圏の方々が

日頃食べる食事の食材、

そして日頃営業に勤しむ、

その内容物(製品)を

実際にその手で作ってる。

 

田舎で作ってる食材も

売るためにまず必要な製品も

作り手居なくなったら

作れない。

その恩恵に預かる

都市圏の人も

暮らしていけなくなる。

 

田舎者が撲滅したら

都市圏の人も

暮らせなくなるのなら、

都市圏の人は

田舎者に足向けて

寝られないよね〜〜。

 

ここまでは

「田舎者を見下すな」

という内容だった。

 

ここからは

本題の「田舎顔」に

ついて。

 

「田舎顔」。

顔のパーツが離れ気味で

締まりがない。

上に書くの忘れたけど

顔の形は丸い人が

多いらしく、

目は基本的に垂れ目がち、

というのがおおまかな特徴。

上の大変失礼な番組では

その田舎顔の代表に

ガッツ石松さんが

挙げられていた。

 

田舎顔を見下す内容なので

これは間接的に

ガッツ石松さんを

見下しているという事で

内容的に相違ないならば

立派な名誉毀損であり、

ガッツ石松さんは

この局、番組スタッフを

訴える事ができる。

映像で証拠が

残っているんだからね。

 

 

むしろ私は

田舎顔の方が好きだな。

 

顔というのは

やはりその人の

こころをあらわす。

これはやっぱり

間違いないと思う。

 

これこそ、

日本人の柔らかさ、

優しさをあらわす

お手本のようなお顔では

ないかと思うんだよね。

 

そこには不和や

争いを感じさせない。

 

どんな事も受け入れる。

 

いいと思うんだよね〜〜。

 

私が当ブログで書いてるような

「景観破壊、許せん!!」とか

「欧米文化ゴリ押し許せん!」

反日左翼許せん!!」

「日本人は日本文化を

 大切にしなきゃならん!!」

といった内容も

 

 まあまあ、

  いいじゃないか・・

 

と、なだめられてしまう。

そんな感じ。

 

これって最強だよね。

ラスボスさえ敵わん。。

というか

戦う気を無くす。

(↑この、戦う気を無くさす

 というのが最強なんだよ)

どんな思想も

そうやって

包み込んでしまうんだから。

 

こういった方を

体現しているのが、この

「田舎顔」

になるのではないか。

 

もし日本が

こんなお顔の人ばっかり

であったならば

そしてそのこころも

それを裏切らないもの

であったらば

日本は平和になるよ〜〜。

今も平和な国の方かも

しれないけど

さらに平和になるよ〜。

 

逆に都会顔。

顔のパーツが

中央に集まり気味の顔。

垂れ目が田舎なら

こちらは幾分吊り目。

険があって冷たい印象。

スタイリッシュだけど

人を寄せ付けない。

どちらかというと不和。

争いを生みやすいかもしれない。

 

日本全国が

こんな都会顔ばっかりに

なってしまったら

ちょっと怖い。

中身も冷たいならば

人と人の分離、不和を生み、

日本は平和な国で

なくなってしまうかもしれない。

 

対して日本全体田舎顔なら

人と人を緩くつなぐし

分離は生まれないだろう。

 

善も悪も抱き参らせる。

これを体現したかのような

田舎顔。

 

蔑まれるような顔では

まったくないし、

むしろこのような顔に

なれたらいいと思う。

 

でも私はなれないんだ。

私は日本に住んでるが

時々自分は日本人では

ないのではないかと

思えてしまう事がたくさん。

(一応血は純粋な日本人だよ)

勤勉ではないし、よくさぼる。

丁寧語も危うい時がある。

変に正義感なるものがあって

許せない!!ってなったら

激怒してしまうし、

とてもとても、

「善も悪も抱き参らせる」

なんて境地には

一生掛かっても至らないよ。

柔軟性がなくて、

頑固だし。

私は本当に未熟者なんだよ。

 

日本のおもてなしが

話題になってるみたいだけど

私にはそのおもてなしが

できる気がしない。

飲食店やコンビニの店員さん、

インフォメーションの受付、

異常事態に対処する鉄道員、

柔和な応対をする警察官。

医療に従事する方々。

色々な家に往診に行く方。

柔軟性なんだよね。

あんな風にはなれない。

日本に住んでる私にとっても

こういった職員さんは

神様の領域だと思うよ。

 

柔和な田舎顔で

柔軟に対応する

日本人らしい日本人は

私にはなれないし

すごいと思う。

 

なんか最後に

自分語りになってるし。

すみませんでした。