読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

店内のBGMはなんでお正月だけ和風なの?琴の音色などは心地良いから通年で和風の音楽にすればいいのに

日本のデザイン

店内のBGMはなんで

お正月だけ和風なの?

琴の音色などは

心地良いから

通年で和風の音楽に

すればいいのに。

 

もったいないよ、

琴の音楽などはとても

聴いていて心地が良く

店内のBGMとして

通常時に掛けても

まったく問題がないのに。

 

ちょっと上品な

和食のお店や甘味処とかでは

いつも和風の音楽だったり

するけれども

そうじゃないお店だって

良いと思うんだな。

 

例えば本屋さんとか。

私がたまに通う本屋では

いつもクラシック音楽

それも室内楽

モーツァルト率が高め。

それがとても落ち着く。

 

昨日行った本屋さんも

お正月仕様の

雅な箏曲が流れていたけど

とてもフィットしていたから

通年でいいじゃんと思ったよ。

その本屋さんは

別に和の本に特化している

訳でもないし、

いろいろな分野の本を

取り扱っている本屋だけど

とても雰囲気が落ち着いて

合っていた。

 

本屋さんだけじゃない。

古民家カフェにも

もちろん似合う。

日本家屋風の古民家仕様で

なくても洋風のカフェでも

箏曲が流れてるの

いいと思うな。

特にインバウンド、

外国人観光客が

多く訪れる場所なんかは。

 

三越高島屋松屋などの

品格のある百貨店で

多く外国人が訪れる店舗。

 

ソラマチや谷中銀座など

外国人がたくさん訪れる

商店街。

 

さすがに

ファストファッション

ちょっと似合わないかも

しれないけれど

ちょっとほっこりした

テイストの洋服屋さん

の旗艦店や雑貨屋さん。

 

ちょっと尖った感じの

カットサロンに

敢えて和風の音楽とか。

 

なんかもうちょっと

テレビのBGMともども

和風の音楽は

別に正月でなくても

使えると思うんだよ。