読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

都市計画法の用途地域って、なんであんなにあいまいなの?!ちょっとグダグダ過ぎやしませんか?

景観は環境!

都市計画法

用途地域って

なんであんなに

あいまいなの?!

ちょっと

グダグダ過ぎや

しませんか?

 

用途地域

 

例えば住宅向けの土地に

工場を建てては

いけなかったり、

低い建物専用の地域に

高層マンションを

建ててはいけなかったり

という決まりが

都市計画法

決まっている。

 

用途地域の一覧を

下に示す。

 

・第一種低層住居専用地域

 

 低層住宅の地域。

 小規模店、事務所兼住宅、

 小中学校、建設可。

 

・第二種低層住居専用地域

 

 主に低層住宅の地域。

 小中学校、

 床面積150㎡迄の店舗、

 建設可。

 

・第一種中高層住居専用地域

 

 中高層住宅の地域。

 

 病院、大学、

 床面積500㎡迄の店舗、

 建設可。

 

・第二種中高層住居専用地域

 

 主に中高層住宅の地域。

 病院、大学、

 床面積1500㎡迄の店舗、

 事務所、利便施設、

 建設可。

 

・第一種住居地域

 

 住居の環境を守る地域。

 床面積3000㎡迄の店舗、

 事務所、ホテル等、

 建設可。

 

・第二種住居地域

 

 主に住居の環境を守る地域。

 一定条件の店舗、事務所、

 ホテル、カラオケボックス

 建設可。

 

準住居地域

 

 道路の沿道において、

 自動車関連施設等の立地、

 それに調和する住居の

 環境を保護する地域。

 

・近隣商業地域

 

 周りの住民が日用品の買い物を

 するための地域。

 住宅、店舗、小規模工場、

 建設可。

 

・商業地域

 

 銀行、映画館、飲食店、

 百貨店等が集まる地域。

 住宅、小規模工場、建設可。

 

準工業地域

 

 主に軽工業の工場、

 サービス施設等の立地。

 危険性、環境悪化が大きい

 工場以外は殆ど建設可。

 

・工業地域

 

 どのような工場でも建設可。

 住宅、店舗、建設可。

 学校、病院、ホテル、建設不可。

 

・工業専用地域

 

 工場の為の地域。

 どのような工場でも建設可。

 住宅、店舗、学校、病院、

 ホテル、建設不可。

 

 

とこのような区分に

なっている。

 

 

都市計画ど素人の戯言を

これから申し上げる。

 

 

はっきりしてくれーーー。

もっとはっきり

線引いてくれーーー。

 

この用途地域の区分け、

5年毎に変更できる

そうなんだが、

なーんでこんなに

あいまいになっちゃったの?

 

現状そういう区分けに

なっちゃってるから

いろんな利害関係のある

人達の言う事聞いて

こうなっちゃったんだろう

という事は

分かるんだけどさ。

 

 

今現在は仕方ないさ。

 

だけど、もっと先、

50年先、100年先は

どうなっていたいか、

という観点で

線を引いて欲しいと思う。

 

現状は仕方ないけど、

50年先は

用途地域をはっきり

分かれるように

行動していくからね、

という指針を

掲げてもいいのでは

ないだろうか。

 

 

あと不思議なのは

なんで用途地域

「自然保護区」の

ようなものが

ないんだろう。

これは単なる勉強不足?

自然保護に関しては

別の法律が

多分あるのだろう。

 

あるのだろうけど

きちんと都市計画法上で

日本の全ての地域に

線を引かなくていいの?

 

私が今の家に引っ越す時

判明したんだが

今私が住んでいる場所は

用途地域でいうと

「非線引き地域」

なんだそうな。

 

はあ!!??

非線引き!!!??

どの用途でもないって事?!

ナニソレ!!!???

 

つまりこういう事。

今現在は住宅が建ってるけども、

この先もしかしたらお隣に

スーパーマーケット、

量販店やドラッグストア、

ショッピングセンターも

建つかもしんないよ〜〜

との事だった。

 

 

はっきりしろよーー

都市計画法!!!!

 

こんな事やってっから

日本の景観は

グダグダのまんまなんじゃん!

 

馬鹿いってんじゃないよ〜

おまえと、おれは〜〜♪

 --- 中略 ---

 

両手をついてー謝ったってー

ゆるしてあーげーないっ♪

 

違いますねすんません。

これで昭和生まれだという事が

バレますね〜〜。

 

ええと。

 

極私的な意見を

これから申し上げる。

 

用途地域

もっとシンプルに

分けて欲しい。

というか、

住居地域なのに

商店建設可とか

やめて欲しい。

 

専門家なら

すぐに答えられる事

なんだろうけどさ、

住居の環境を守る、とさ

「主に」住居の環境を守る

って一体・・・と思う。

住居地域は住居地域

でいいんじゃないの?

 

極私的意見で

用途地域作ってみる。

 

・低層住居地域

 

 低層住居のみ建設可。

 事務所兼住居建設可。

 公園建設可。

 学校、商店、事務所、工場、

 一切建設不可。

 

・中高層住居地域

 

 高さ●m〜●mの中高層住居

 及び事務所兼住居、公園

 のみ建設可。

 低層住宅、

 学校、商店、事務所、工場、

 一切建設不可。

 

・高層住居地域

 

 タワマン建設可。

 タワマンは事務所利用可。

 低層住居、●mまでの住宅、

 学校、商業施設、工場、

 一切建設不可。

 

・低層近隣商業地域

 (商店街地域)

 

 低層で、床面積1500㎡迄の

 日用品商店、

 (食料品、薬局、雑貨、

  本、レンタルビデオ、

  小さな銀行、

  カラオケボックス)、

 宿泊施設、公園、

 小規模診療所、保育施設、

 小規模な役場、

 小中学校建設可。

 住居、工場一切建設不可。

 

・中高層商業、学業地域

 

 床面積1500㎡を超える

 商業施設、宿泊施設、

 娯楽施設(映画館等)、

 公園、建設可。

 住居は中高層の上階、

 低層階は商業施設なら可。

 小中学校、高校、大学、

 行政施設、ホール、

 (役所、公民館、図書館)

 大型病院、介護施設建設可。

 低層住居、工場、

 一切建設不可。

 

・幹線道路沿道地域

 

 幹線道路の沿道。

 商業施設、事務所のみ

 建設可。

 住居、学校、工場、

 一切建設不可。

 車関係商業施設は

 このエリアのみ。

 

軽工業地域

 

 床面積●㎡迄の

 小規模工場建設可。

 大規模工場、

 住宅、商業施設、学校、

 一切建設不可。

 

 低層近隣商業地域を

 隣接の事。

 

・工業専用地域

 

 床面積●㎡以上の工場

 建設可。

 住居、商店、学校等、

 一切建築不可。

 

 低層近隣商業地域を

 隣接の事。

 

・農業地域

 

 農地のみ使用可。

 住居、商店、学校、

 工場一切建設不可。

 

・リゾート施設可能

 自然保護地域

 

 自然保護地区。

 宿泊施設、

 小規模診療所

 小規模商店のみ

 建設可。

 住居、学校、工場、

 一切建設不可。

 

・自然完全保護地域

 

 住居、商業施設、

 学校、工場等

 一切の建築物建設不可。

 リゾート開発禁止。

 

・非線引き区域

 一切廃止

 

区分けは以上。

大事なのは

「非線引き」が日本国内、

一切存在しない事。

必ず何かしらの

「線引き」をする事。

 

そして、

住居地域は住居のみ、

商業地域は商店と学校のみ、

工業地域は

小規模ならば小規模商店可、

それ以外は

住居、商業施設、学校は

一切建設不可、

農地は農地、

自然保護は

リゾート開発可能と

一切不可にする。

とにかくはっきりする事。

 

また利便性を考えると、 

低層住居地域は

低層近隣商業地域と

隣接するようにし、

低層近隣商業地域の

周りに放射状に配置する。

 

中高層、高層住居地域と

中高層商業、学業地域を

隣接させる。

 

軽工業地域と

低層近隣商業地域を隣接。

 

工業専用地域も

低層近隣商業地域と隣接。

工業専用地域は

大規模病院だけ建設可。

 

リゾート施設可能の

自然保護地域の中の

商業施設や宿泊施設は

点在させず一地域につき

一箇所にまとめる。

 

交通に関して。

 

上記の

低層住居地域と

低層近隣商業地域の

グループの域内は、

車両は自転車と

小さなコミュニティバスのみ

通行可能とし、

コミュニティバス専用道路、

自転車専用道路、

専用歩道の種類のみ

道路を引く事ができ、

車両専用の道路は

不可とする。

域内は一般車両は

通行不可とし、

住民の安全を守る。

車両はこのグループの外に

放射状に駐車場を配置。

交通弱者、登下校の児童を

守る為である。

 

中高層住居地域においても

歩行者専用道路、

自転車道、自動車道を

3種類作って分け、

登下校の児童を守る。

 

低層近隣商業地域も

中高層商業学業地域も

商店街の通路は

基本的に歩道専用とし、

(常時歩行者天国

動く歩道を併設。

中高層商業、学業地域

においては、一つ一つの

建物の規模が大きい為、

建物と建物を結ぶ

小規模な車両、

例えば路面電車のようなもの

が巡回するようにする。

車両については

自転車のみ通行可。

自転車専用道路。

乗用車等の一般車両は

この地域の中も通行禁止とし、

外側に乗用車駐車場を併設、

タクシーは外側で待機する。

 

工業地域は車両通行可、

各事業所に駐車場併設。

 

農業地域は

届出の車両のみ通行可。

 

自然完全保護区は通行不可。

 

リゾート施設可能地域は

駐車場を一箇所のみ設ける。

配達用などの車両のみ通行可、

(届出制)、

道路は歩行者専用。

 

低層住居近隣商業グループと

他の中高層地域、工業地域、

農業地域、リゾート地域の

間で、交通網。

車両通行用のバイパス、

または高速道路、

電車、バスの交通機関が

通るようにする。

 

こんな感じの用途地域

区分けの仕方を

この先50年先完成を目処に

計画したらどうだろう。

「今は良いけれど、

 50年先は商業施設は

 ここに建てられなく

 なりますから、

 移動を検討して下さい」

というようにして、

性急な立ち退きは迫らない。

だけど50年先になったら

住居地域に商業施設は

絶対建設不可になるように。

 

こうしていけば

都市景観は今より

まとまったものに

なっていくだろうし、

交通弱者にも

優しいものに

なってはいかないか。

 

素人考えなので

色々な事が

抜けているかもしれない。

他にもまだ気づいたら

書き足すつもりだ。

 

 

この上に、

私には願いがある。

日本の街や自然は

もっと日本らしく

なって欲しい。

 

江戸時代のように

なって欲しい。

しかし江戸時代のままだと

家は木造の為、

火事が起きやすい。

 

火事が起きず、

日本建築が並ぶような

街並みになって欲しい。

日本全土じゃなくてもいい。

だけど一つの市町村に

一箇所はそういう場所が

欲しいと思う。

 

火事が起きない日本建築。

日本家屋は基本的に

今までは木造だったから

火事が起きないように

するのは不可能に近い。

 

建築用の木材が

強力な耐火性を持つものに

改善されないだろうか。

また木材に代わる何か

別の建材を使いつつも

日本家屋だと思わせる

ようになるだろうか。

 

それと江戸時代の街並み

といっても、

家と家がくっついた

長屋の街並みに

しなければ幾分良いの

かもしれない。

家と家はくっつけない。

でも街並みを見ると

景観的な統制が取れ、

調和されているように

なればいいのにと思う。

 

日本家屋の家並みがあって

近くの公園は日本庭園で

瓦葺き日本建築の商店が

並んでて、

道に車は走ってなくて

道ゆく人が楽しそうで、

歩いていてばったり

お隣さんに会ったら

そこで立ち話ができて、

茶屋があって、休めて。

みたいな感じに

ならないかな。

 

少なくとも

用途地域ははっきりして

住居なら住居で

その用途地域には

もう新しく

店舗や工場は

作ってはならない

という決まりにしようよ。

そうすれば、

今ある建物も老朽化、

建て替えるとしても

別の場所に移動するように

なるのだから、

50年ぐらい掛かって

用途がはっきり

してくるんじゃないのかな。