読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

待機児童解消の為に、従業員100人以上の企業の事業所は、必ず保育園(企業内保育所)を併設するように義務化したらどうか

日本のデザイン

待機児童解消の為に

従業員100人以上の

企業の事業所は、

必ず保育園

(企業内保育所)を

併設するように

義務化したらどうか。

 

日本死ね」から一年。

どうやら昨年から

梅の話題と桜前線の話題の

丁度間ぐらいに

「今年も保育園落ちた

 (日本死ね)」の話題が

季節もののニュースの

仲間入りになったようだ。

 

待機児童の季節の到来。

 

専業主婦が多かった

昭和に比べ

共働き世帯が増加。

これは

「女性が社会に出る事に

 抵抗感がなくなった」

という理由だけなら

良いのだが

実際はそれだけではなく

非正規雇用

アルバイトの人員が

増えた事から

例えば子供2人

育て上げる為には

共働きでなくては

やってけない、

という切実な理由の方が

上かもしれない。

 

昭和の頃は

都市圏に人口が多くとも

専業主婦が多かったから

保育園に預ける必要がなく

保育園数も間に合ってたのが

子供がいる女性も

働く事を選択する人の割合が

(働かざるを得なくなった)

増えたため、

今までの保育園数では

足りなくなってしまったの

だろう。

 

また核家族化もある。

三世代同居なら

保育園に預ける必要なしだが

核家族で近くに親世帯が

いなければ仕方ない。

 

とにかく

保育園数が足りなくなった

上に、

保育園を作ろうとすると

「うるさい!」と

近隣住民からの苦情や

反対が起こる。

→新設しにくい、

という状況もある。

 

 

一方、

「企業内保育所」を

作る動きもあるようだ。

平成23年時点で

4100箇所存在しているそう。

ただ、たいていは

都心などの本社事務所の一角、

あまり広いスペースが無い上、

親が体調不良で出勤しないなら

子供も預かる事は不可、

また、2歳までで、

3歳になったら別の保育園を

探さないといけなかったり、

なにしろ場所が都市の中で

通勤ラッシュの中

子供を連れていかなければ

ならなかったりと

いろいろ大変なのだとか。

 

またその保育所運営にも

コストがかかる事から

難しいそう。

そのため1企業に1箇所しか

保育所を作る事ができない

とか。

 

うーん。

いろいろ難しいんだなあ。

 

ただ、

例えば

企業で1つってより、

事業所単位で考えて

その事業所に勤める

従業員が100人超すなら

必ず保育所、というより

普通の保育園を併設

というシステムに

ならないかなあ。

 

勿論これは

理想論でしかなくって

実現は難しいんだろう。

 

もっと空気を読まず

理想を語るなら

これを会社法かなんかで

条文加えて

「義務化」とする必要も

あるのではないかと思う。

 

 

うーん

どうしたらいいんだろう。

子供が遊ぶ為に

庭は欲しいよね。

建物だって欲しいし

保育士さんだって欲しい。

うーん、お金掛かるなあ。

 

うーん。

 

なんかこう、

保育園の建物、

立派なやつじゃなくて

いいからとりあえず、

プレハブのような建物を

組み合わせるような感じの

画一的に規格化された

「保育園モデル」みたいな

安価で建てられるような

建造物モデルを

その建設業の企業は作って

その「おんなじような建物」

をどんどこどんどこ

とりあえず作っていく、

みたいな感じかなあ。

量産するから安くなる

みたいな感じで。

庭などの外構も画一的で

おんなじように

みんなしちゃう、とか。

 

園を建てる時のコストが

少しでも抑えられるように。

 

でもコストは

これだけじゃないね、

備品を揃える、とか

ランニングコストもある。

 

なんだろういっその事、

「企業内保育園専門」の

低コスト調達事業の会社とか

あればいいのに。

企業内保育園の事なら

なんでもおまかせ!

みたいなやつ。

 

(ここから妄想↓)

何がすごいかってその会社、

その会社が扱うものは

なんでもとにかく安い!

 

上に書いたように

保育園建設も

規格化された

安価な建材で安く建つ!

外構も一択なので安い!

 

備品も企業内保育園専用に

低コスト開発されたもの

ばかりが揃っていて

しかもバリエーションが

本当に限られてて

それだけ低コストで

抑えられるから安い。

ランニングコスト

かからない。

 

ピアノや遊具も寝具も

その会社とメーカーが

提携して低コストなものを

開発して安い。

(あ、でも提携とかって

 逆に高くなるかな?

 うまくやればできるかな?)

 

でも

保育士さんまで低コスト

なんて事はなくて、

きちんと給料を払う。

 

でもあれかー、

低コストでモノを

調達するって事は、

その過程でも

誰かに異常に安く

働かせる事に

なっちゃったりするのか〜。

それもなんかなあ。

 

もし、もしだよ、

地球上に戦争というモノが

完全に消えて、

軍需産業も全企業解散、

なんて事があるならば

日本国も「軍事」に

予算使う必要なくなるから

今まで最新型戦闘機とか

買ってたお金をさ、

「公共事業」の一環として

各企業内保育園へ

補助金として回せるように

なりそうだけど。

(妄想ココまで)

 

当分は無理だね。

今は特に近隣国など

不穏な、きな臭い状況に

なっちゃってるもんね。

それに

「9条守れ!」とか

言ってるけどさ、

「李承晩ライン」

という言葉や

日本に軍隊がない事を

良い事に問題のあの島を

武力で実効支配されて

しまった歴史を

多くの日本人が知ってれば

それに対馬でさえ

朝鮮戦争がなければ

実効支配されていた

可能性が高かった

(実際に対馬実効占領の

 計画が存在した

 →朝鮮戦争で頓挫した)

という話を知ってれば

誰も「9条」なんて

甘っちょろい事は

言ってらんなくなるん

だけどね〜。

 

今日本に

自衛隊さえ無くしてみ。

丸裸になってみ。

それこそ

「あら、いいのね〜」と

おとなりさんが

センカクやタケシマはじめ

ツシマまで武力でもって

「実効支配」されちゃう

かもよ〜。

それにおとなりさんは

「植民地支配した

 仕返しだ〜」とか

言いがかりつけて

本土上陸して

武力で攻撃されたり

核落とされたり

しちゃったりね〜。

 

今時点ではどの国にも

「軍隊」は必要なんだよ。

こればっかりは

しょうがないよ。

 

 

思いっきり

話が逸れたね。

 

とまあ

今は軍事費用は

軍事費用でしか

使えないので

企業内保育園に回す

国のお金はほぼ無いと。

 

なので。

なので。。。

 

やっぱり

企業内保育園は

難しいのかな〜。

でも上の妄想により

企業内保育園に掛かる

コストが大幅に抑えられる

ようなシステムが

成り立つようになれば

もしかしたら

実現するかなあ。

 

いずれにしろ、その

「企業内保育園事業会社」

もし法律で義務化されて

企業内保育園を

必ず作らなければならない

となれば

あちこちにぼこぼこと

保育園新設されるから

この会社、特に

はじめの10年から20年ぐらい

大儲けでしょうね〜。